国語の真似び(まねび) 受験と授業の国語の学習方法 

中学受験から大学受験までを対象として国語の学習方法を説明します。現代文、古文、漢文、そして小論文や作文、漢字まで楽しく学習しましょう!

山月記1 李徴はなぜ虎になるのか? 教科書定番教材シリーズ

「走れメロス」に続いて定番教材シリーズは、「山月記」中島敦です。

だいたい、高校2年生に配当されております。

この作品をもう一度読み直してみたい、授業を展開してみたい、というシリーズです。

本文はこちらです。青空文庫からどうぞ。

中島敦 山月記

主人公、李徴が虎になってしまい、そしてたまたま出会った袁傪(サン)にその顛末を語る、という物語です。

この定番教材シリーズは、私のストレス発散的な意味合いが強いので、少しでも楽しく小説が読めるといいなあ、国語の授業が面白くなるといいなあ、とそんな感じでやっているものです。生徒のみなさんには、ちょっといつもの授業とは違った雰囲気で、若い先生方には指導案、指導例の着眼点として見てもらえるといいかなと。そして、大人になったあなたは、もういちど、読んでみようかな、なんて思ってもらえたら。

山月記の解説ではありますが、ちょっと視点が変わると嬉しいです。

それでは、授業の始まりです。

 李徴がどうして虎になるのか?

この物語を学校の授業で行うとき、一番多い問いかけは、「李徴が虎になった理由」ではないかと思います。

もちろん、直接的にそういう風に、学校の先生が問いかけないことはあるにしても、結局、李徴が虎になった理由について、詳細に読解しているとすれば、李徴が虎になった理由を考えていることになりますよね。

というわけで、私からの質問です。

李徴はそもそもどうして虎になったのでしょうか?

あなたはどうして李徴が虎になったと思いますか?

李徴はいろいろ言っています。まず、それを指摘できますか?

そして、あなたはその中のどれが虎になった理由だと思いますか?

一つなのか、全部なのか、どう思いますか?

さあ、それでは考えてみてください。

その1 尊大な羞恥心と臆病な自尊心

まず、最初にあげられるのはこれでしょう。山月記の授業の一番の山場ですね。

人間は誰でも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという。おれの場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。

このシーンです。次の時間から、ひとつずつ検証していきますので、とりあえず、細かい読解はしません。

李徴がたどりついたひとつの結論。

自分の性格が猛獣。自分の場合、それは、「尊大な羞恥心」。この性格がすべてを引き起こす。

つまり、虎になった原因。

さあ、どうですか?

理由のひとつに入れますか?

その2 妻子をかえりみない人間像

本当は、ず、この事の方を先にお願いすべきだったのだ、己が人間だったなら。飢え凍えようとする妻子のことよりも、おのれの乏しい詩業の方を気にかけているような男だから、こんな獣に身をおとすのだ。

ラストシーンですね。

李徴はこのように自戒しています。

友人にあったとき、彼は自分の詩をたくす。そんなことより、妻子のことを先に頼むべきではないのか?

妻子のことをかえりみないで、自分のことばかり…

人間性の欠如。

さあ、これは李徴が虎になった理由として考えますか?理由のひとつに入れていいですか?

その3 詩への執着心

最後です。その2と似ているといえば似ていますが、違うところからひっぱってきます。

その中、今もなお記誦きしょうせるものが数十ある。これを我がために伝録していただきたいのだ。何も、これにって一人前の詩人づらをしたいのではない。作の巧拙は知らず、とにかく、産を破り心を狂わせてまで自分が生涯しょうがいそれに執着したところのものを、一部なりとも後代に伝えないでは、死んでも死に切れないのだ。

李徴は、詩の伝録を頼みます。

李徴は言います。

自分が詩人として名を成す、というそこにこだわり、自分の心が狂って虎になったのだ…と。

当然、これは、冒頭の

狂悖きょうはいの性は愈々いよいよ抑えがたくなった。一年の後、公用で旅に出、汝水じょすいのほとりに宿った時、遂に発狂した。ある夜半、急に顔色を変えて寝床から起上ると、何か訳の分らぬことを叫びつつそのまま下にとび下りて、やみの中へ駈出かけだした。彼は二度ともどって来なかった。

と対応しているわけですが、詩へのこだわりが、精神に変調をきたした、とするなら、これもひとつの理由でしょう。

虎になった理由 を考えよう。

というわけで、可能性からすると、

  • その1だけ
  • その2だけ
  • その3だけ
  • その1とその2
  • その1とその3
  • その2とその3
  • 全部

というあたりに落ち着くかと思います。もちろん、ほかの理由があるんじゃない?なんて人がいれば、このほかの解も出てきていいわけです。

というわけで、次回以降、これらの理由をひとつずつ検証して、李徴はなぜ虎になっていくのかを考えてみたいと思います。

一応、計5回、残り4回の予定で進めます。