国語の真似び(まねび) 受験と授業の国語の学習方法 

中学受験から大学受験までを対象として国語の学習方法を説明します。現代文、古文、漢文、そして小論文や作文、漢字まで楽しく学習しましょう!

漢文 漢字の読みと意味を理解する! 同じ読みで整理!同訓異字を覚えよう! 漢字覚えるリスト編その2

漢文の漢字シリーズの2回目は、読みで整理して同じ漢字を並べてみます。ほとんど同じと考えていい漢字と、漢字が変わると意味が変わる漢字があります。

前回の漢字にひきつづき、今回は、「読み」で見出しを立てて、漢字を羅列してみます。実際には句法に関わる部分と、同訓異字の部分に分かれるんですが、あまり気にせず、漢字をながめてもらって、読める確率をあげてみたいと思います。

www.kokugo-manebi.tokyo

今日、あげるものは、漢字では違うけれど、日本語の読みが同じになる、というものです。厳密にいってしまえば、漢字が違うということは意味のニュアンスが異なることになります。

その意味では日本語より、中国語の方が精密な使い分けがあるともいえそうです。もちろん、日本語は日本語で、微妙な接尾語を変えたりすることで、ニュアンスを変えるんですが…。

ただ、大学入試レベルではほとんどの場合、細かい意味の違いまでは問われません。なので、句法に関わる漢字と同訓異字にわけましたが、厳密には違いはないはずです。同訓異字の場合も、ほとんどのケースは、「ああ、こうやって読むんだ。これだけ漢字があるんだ」というぐらいで十分です。意味の違いを理解しないとまずいところは、説明しておきます。

あとは、こういうのは参考書に全部載っていると思いますし、漢字そのものがそう読むのが当たり前に感じるところは、有名なものでもここには載せずにおきますね。

 

句法に関わる漢字

まずは、句法に関わるものです。よく( )で載っているものをまとめます。

否定形

~ず 不・弗

なし 無・莫・勿・亡・毋

なかれ 勿・毋・無・莫

あらず 非・匪

まずはここまで、否定形をまとめました。「なし」と「なかれ」で違うのは「亡」ですね。

疑問・反語形

なんぞ 何・胡・奚・曷・寧

なにを 何・奚

いづれ 孰・何・奚・孰与

なんすれぞ 何為・胡為・奚為 

何をベースに考える上の3つですが、厳密には漢字が違います。ただ、大体全部「何」の置き換えとみてしまってもあまり問題はありません。あまり時間をかけずにながめるぐらいでいいです。

いづくんぞ 安・悪・焉・寧・烏

いづくにか 安・何・悪・焉

「いづくんぞ」と「いづくにか」もよく見ると字が違います。寧には「いづくにか」がないんですね。でも、これもあまり気にせず全部まとめておいて大丈夫だと思います。そもそも、読みが変わると意味が大きく変わりますから、ここで見極めることはないでしょう。

や・か  疑問 乎・哉・也・邪・耶・与・歟・夫

(ん)や 反語 乎・哉・也・邪・耶・与・歟・夫

みてわかる通り、文末に当たるのは、疑問・反語まったく同じです。つまり、文末の漢字から疑問・反語の見分けはできないということです。当たり前です。疑問が反語になるんですからね。ただ、日本人は、反語だ!と思った瞬間「ん・んや」と読む。ということですね。

この中で詠嘆「かな」と読むものを探しましょう。

かな 詠嘆 乎・哉・也・ ・ ・与・歟・夫 矣

※詠嘆は上記の漢字2字の組み合わせがかなりある。

ですね。ほとんど重なりますので、これも同じにしてしまっても問題ないと思います。そこまでの知識を要求している試験は見たことないです。

いくばく 幾何・幾許・幾

いかん 何如(どうなっているのか)・何若

いかん 如何(どうしよう)・奈何・若何

だれ 誰・孰

このあたりはながめておけば大丈夫だと思います。如と若はここでも同じで入れ替え可能です。

限定形

ただ 唯・惟・徒・直・只・特・止・独・第・祇

漢字が違うと「ただ」のニュアンスが異なります。唯・惟は「それだけ」唯一、特は「とりわけ」特有、直は「ひたすら」徒は「いたずら」徒労など。でも、こんなのもわかってなくて大丈夫だと思います。

のみ 耳・爾・已・而已・也已・已矣・而已矣

まだまだ組み合わせがたくさんあります。1字・2字・3字で「のみ」になります。

仮定形

もし 如・若・仮・令・設・即・則・当・或・儻 向使・設使・設若・如使

たとひ 縦・縦令・仮令・仮設・仮使・仮如

こうしてみると、実は、この二つの漢字が似ていることに気がつきますね。ただ両方で読む漢字はありません。仮定形として使う漢字をイメージするといいでしょう。

「もし」に関しては、令・即・則・当など、まさかそうは読まないよね、という字が入っていますから注意が必要です。

受身と使役

らる 見・被・為・所

一文字ずつニュアンスが異なりますが、あまり気にしなくていいと思いますので、説明しません。ちなみに、byに当たる「於」は「于・乎」が置き換えられます。

をして~しむ 使・令・教・遣

これも同じようにニュアンスが異なります。これはわかりやすくて、使って、命令して、教えて、派遣して、という感じですが、この程度でさえ、試験で聞かれることはないでしょう。

再読文字

まさに~とす 将・且

なんぞ~ざる 蓋・盍

なほ~のごとし 猶・由

まさに~べし 当・応

最後の当・応は違うといえば違うのですが、ほぼ同じとみて大学受験レベルでは問題ないと思います。複雑にしないようにしてしまいましょう。

その他の形

こひねがふ 冀・庶幾・庶

より 自・従・由

これはfromの~より、です。

与はthanの「より」で意味が違います。

 

同訓異字

さて、ここから同訓異字です。本来、同訓異字は、「読みは同じだけれど、微妙に意味が違う」というところが大事なんですね。

でも、大学入試レベルでは、そこまで出ることはほとんどない。確かにやるとおもしろいんですけどね。

この漢文はまず、センターレベルから始まっていかに得点をとるか、という観点でやっていますので、違いはほとんど気にせず、あくまでも、「この読みには、これだけ漢字があるんだ…」という観点でみてください。

なので、漢字が当たり前に読めるレベルは、そもそも省略してしまっています。ご了承ください。

見出しは同訓異字ですが、ここでは、「読み」から「漢字」を探す、というテーマでまとめているということです。

すなはち

  1. 則 レバ則 ~すれば、そこで
  2. 即 すぐに 
  3. 乃 そこで
  4. 輒 すぐに・そのたびごとに
  5. 便 すぐに・とりもなおさず

この「すなわち」は、まず、意味の違いをしっかり理解しましょう。特に1・2はできないとまずいですよ。

なんぢ 若・汝・女・爾・乃

同訓異字ではないですね、きっと。「なんぢ」のパターンです。

ひそかに 私・窃・間・陰・密・潜

意味は微妙に異なりますが、気にしないことにしましょう。

つひに 竟・終・遂・卒・訖

これも意味が違いますが、読めれば終わりにしましょう。

畢竟・終了・完遂・卒業

おへる 竟・終・卒・畢・了

ついに、とほとんど同じですね。だって意味が同じですから。畢竟と終了を覚えてしまえば、あとは卒業だけですね。

ともに 共・具・俱・与

俱は「両方とも」。共と与は「人とともに」という感じ。

まさに 応・正・適・方

応は再読文字で「まさに~べし」。正は「まさしく」

にぐ =逃げる 逃・亡・北

逃避・亡命・敗北というのがそれぞれの熟語。亡は姿を消す。北は負けて逃げる。

もとより 固・素・故

固有・平素・故習というのが、それぞれの熟語

ゆく  往・行・之・如・逝・征・適

最後の3つは多少、意味が異なります。

逝は逝去で、死ぬこと。

征は遠征という形で、戦争などで遠くに行くこと。

適は目的に向かっていくこと。適帰。

かつて 嘗・常・曽

ちかし 幾・庶・近・親

最初のふたつが「ほとんどそう」という感じ。

近は距離が近いこと。

親は仲が良いという近さ。

また 又・亦・還・復

これもひとつずつ意味が違うので解説。

又は、その上また。

亦は「モ亦」。「~も」という感じが入る。

還は還暦のイメージで繰り返される「また」

復の「また」は「二度」の「また」

まことに 苟・固・実・信・真・誠・良

実は確実。信は信念。真は真実・真贋。誠は誠意。

そもそも、「まこと」というのは本当ということですから、そのニュアンスの違いはあまり考えなくても大丈夫。

かえる 回・還・帰・反・復

回遊・還元・帰郷・反省・往復

基本的には「かえる」と読めさえすれば、理解できる部分だと思います。

したがふ 従・順・随

従事・順守・順法・随行

順の「したがう」は守る・則る、というイメージの「したがう」ですね。

しばらく 且・間・少

読めるものが少ないと思いますから、しっかり覚えましょう。

 

 

いふ・おもふ・みる・きく・おおい・すくない などのメジャーなものをとりあえず後回しにしました。漢字を見ればわかるからですが、センター試験直前なので、とりあえず、アップしますね。