国語の真似び(まねび) 受験と授業の国語の学習方法 

中学受験から大学受験までを対象として国語の学習方法を説明します。現代文、古文、漢文、そして小論文や作文、漢字まで楽しく学習しましょう!

漢文 漢字の読みと意味を理解する! 覚えるリスト編1

漢文の方は句法の説明がある程度終わりました。ここから一番得点に繋がる漢字の読みと意味を説明します。

漢文は句法だと言われますが、実際に試験で得点を失わないためには、構文や漢字の理解が重要になります。

で、一方で、これらは「覚える」範疇。知っていれば得点できるし、知らなければ推測するしかない。別名、勘ともいいますね。

そして、「覚える」のだとすれば、入試前日であっても点が入る分野。

というわけで、漢文は、漢字の読みリストに入っていきたいと思います。

www.kokugo-manebi.tokyo

 

「句法」に関わってくる漢字を中心に。

 優先して、重要なもの、知っていて当たり前のものから解説していきたいと思います。基本的には覚えることが中心ですので、細かい説明は少ないかもしれませんが、それは勘弁してもらって、試験前にざっとでもながめてもらって、実際の試験で出ればいいなあと思います。

如・若

  1. もし 文頭
  2. しく=しかず 戻る・不如
  3. ごとし 戻る

如 4.ゆく 

若 4.なんぢ

試験に出やすい字です。しっかり理解しましょう。2と3は動詞扱いですから、必ず戻ります。返り点がつく、ということですね。2の「しく」は「しかず」「しくはなし」「しかんや」のいずれかで出てくると思って間違いないです。

  1. と 前置詞=戻る。返り点がつく。
  2. ともに 1と同じだが、戻らない
  3. より=than fromではない
  4. か 疑問文の文末
  5. かな 詠嘆
  6. あたふ
  7. くみす
  8. あづかる

とにかく、読みが多く、試験に出やすいパターンです。まず、1~4のパターンは意味に直結するので、覚えましょう。

6以降は、漢字問題のパターンでもあります。7の「与す」は「寄与」とかのパターンでもありますね。

  1. むしろ
  2. いづくんぞ
  3. なんぞ
  4. やすし

4だけが、普通に読むパターンです。「安寧」とかですね。それ以外は、句法に関わります。1は選択・比較形、2・3は疑問ですね。わからない人はそもそも句法を復習しましょう。

  1. より from 前置詞=戻る
  2. みずから
  3. おのづから

1が重要ですが、2と3も曲者です。漢字で書くと、両方とも、

「自ら」

で区別ができません。

2なら、「自分で」

3なら、「自然と」

意味を考えて読みを変える必要があります。

助動詞としてメジャーな漢字

つづいて、基本的に助動詞として使われる漢字をまとめていきます。漢字そのものが問われるだけでなく、「書き下し文として正しいものを選べ」というような問題の時に、知識が問われます。

  1. まさに~んとす 再読文字 will
  2. ひきいる
  3. はた = あるいは、もしかすると、いったい、などの訳になる
  4. しょう = 将軍のようなイメージ。名詞。

2だとするなら、動詞ですから、直下は目的語になるはずです。1なら、当然直下が動詞ですね。3や4の可能性も当然あります。特に4だとすると、名詞ですから、下が動詞になるか、あるいは上に動詞がきて目的語になるか、というのが大きなポイントでしょう。

  1. まさに~んとす
  2. (すら)かつ
  3. しばらく

わすれがちなのが「将」と同じ再読文字のパターン。2なら、比較の形です。

  1. ~べし 助動詞=戻る
  2. か(なり)

試験で出ることが多いですね。

1なら、助動詞ですから、直後は動詞で必ず戻ります。

2なら、上に主語=名詞が必要です。もちろん、動詞でもいいんですが、「~こと」「~もの」というように、名詞にしたうえ、しかも、下にさらに動詞がくるのはおかしい、ということで気付けるはず。

  1. まさに~べし 助動詞=戻る
  2. あたる
  3. あつ

試験で出るのは、1か2の見分けでしょう。

1ならば、助動詞ですから、必ず直下が動詞でもどります。「~して当然」ですね。

2なら、「~に当たる=~に出くわす、相当する」という意味にとれなくはないですが、その「~に」の部分は、直下で目的語になります。「~が」だとするなら、それは必ず「当」の上にないとだめですね。主語ですから。

「当たる」は「当てる」でもありますから、そのあたりは日本語で考えればわかるはずですね。それが2と3の違いです。

  1. なんぞ~ざる
  2. けだし =そもそも
  3. おほふ

基本的には、1と2ですね。1が「どうして~しないのか、いやする」という反語形。「けだし」は「そもそも」ぐらいの意味。3はフタですね。

  1. よろしく~べし 助動詞=戻る 「~のがよろしい」
  2. よろし・よし
  3. むべなり

1が基本で、戻らないなら2。「むべ」というのは「もっとも」ということ。

  1. すべからく~べし 助動詞=戻る 「~すべし」
  2. もちいる・もちふ

1が基本ですが、2もテストで結構見ます。ちゃんと覚えましょう。

 

読めればほぼ終わりだけど、読めます?

ここは何個も意味があるというよりは、ひとつしかテストに出ないけど、「そもそも読めます?」というのをまとめます。

  1.  いやしくも =もし~ならば
  2. まことに

2はほとんどみたことないですね。

  1. といへども
  2. ただ

特にありません。本当にこれだけ。2はありますが、ほとんど1ですね。

  1. よく 下に動詞がくる 戻らないが、「動詞」「~できる」という形。
  2. あたふ =不能 ~あたはず 下に動詞がくる=戻る
  3. よくす =動詞 これ一文字で「可能である」という意味をとる
  4. のう =名詞 能力 

基本的に1と2は助動詞。なので、どちらも下には動詞がくる。はっきりいってしまえば、読み方は好みで、どちらで読んでもバツとはいえないが、「不能」となるときは「あたはず」と読み、「不」がないときは、「よく」と読むことが多いと思います。

3は、意味としては同じで、「できる」というのを一文字であらわす形。

4は名詞で能力。

  1. ~なかりせば

もちろん「び」と読んで熟語を作ることはありますが、「~なかりせば」の構文ですね。

  1. こひねがふ
  2. こひねがはくは

「請い願う」という形。2の方が良く出て、「~くは」は「~以下のことを願う」という形。

  1. つく 動詞。現代語では「つきる」
  2. ことごとく

わかると思いますが、2が出ますね。

  1. かつて
  2. なむ 動詞。なめる。
  3. こころみる

当然、「かつて」がよく問われます。

  1. ことごとく
  2. つくす =尽きる

基本的に「尽」と同じ意味をもつ漢字ですね。

  1. まさに
  2. はう =ほう。方法・方角・四方
  3. あたり ~する時は=~するにあたり

これも1がテストに出ますね。

 

前置詞だけどほかの読みもある

続いて、前置詞として使うけれど、違う読みもあるよ、というのをまとめます。これも書き下し文の問題になったときに、意外と必要になる知識ですね。

  1. ~ために 前置詞=戻る

  1. ~もって 前置詞=戻る ~によって
  2. もって 意味がほぼなく、語調を整える感じ。「そこで」
  3. おもふ 「以為」を「おもへらく」と読む流れ。
  4. ゆゑ
  5. すでに

 1は英語でいえば、byに近いと思いますが、2の形、戻らずになんとなくそのまま入っているパターンもあるので、全部を1にしないようにしましょう。

3は以為を「おもへらく=おもへり+く」と読むのか、「以て~と為す」と読むのか両方のパターンを覚えた上で、そのときの形ですね。

  1. ~より 前置詞 ~からfrom 自
  2. よる 動詞
  3. よし 名詞 理由・手立て
  4. なほ~のごとし

最後のものは、「猶」と同じパターンです。

 

置き字や文末として読む漢字

文末に関わる字もある程度ながめておかないと、書き下し文を選ぶような問題で苦戦しますね。

  1. や・か 疑問
  2. かな 詠嘆
  3. や 呼びかけ
  4. こ 状態を表す=読むが意味としてはほとんどない。
  5. 置き字

疑問や詠嘆、呼びかけなど、さまざまな読みがありますね。

  1. いづくんぞ
  2. いつくにか
  3. これ(より・に)
  4. 置き字

置き字だと思っていますが、意外と1~3までで試験に出るのでしっかり覚えないといけません。特に3は、最上級で使われますよね。 

  1. や・か 疑問
  2. かな 詠嘆
  3. それ =そもそも
  4. かの =この・あの

読み問題では3が多いですが、1・2も知っていないといけません。

  1. のみ

読めれば終わりですが、限定形でよく出てきます。

疑問に関わる漢字

疑問形については、すでに漢字の読みが重要だと説明しましたが、それをベースにその他の読みも確認しましょう。

www.kokugo-manebi.tokyo

  1. いづくんぞ
  2. いづくにか
  3. わるし・あし
  4. にくむ

1・2をしっかり覚えて、4の動詞を確認しましょう。

  1. いづくんぞ
  2. いづくにか
  3. やすし
  4. やすんず

これもそんなに難しくないですね。

  1. いくばく =幾何
  2. こひねがふ
  3. ちかし

一字でも1のように「いくばく」となるだけでなく、2の「こひねがふ」などもよく見ますので注意が必要です。

 

試験でよく見る一般的な漢字

ここからは、センターの問一を含めて、一般的な漢字で試験に出そうなものをまとめていきます。まだ整理しきれていない部分もありますが、ながめてください。

読みとして提示できるものは提示しますが、音読みしか一般的でなくても、熟語として意味がある場合には、熟語とその日本語の意味を示しますので、参考にしてください。

  1. 感謝
  2. あやまる 謝罪
  3. 代謝 世を去る
  4. 謝絶 ことわる

読みは「しゃす」ですが、意味は4つにわかれます。

  1. やすし 安易
  2. かふ 交易・貿易
  3. 易=うらない

2の「かふ=かえる」がよく出ている印象です。

  1. あいす
  2. めづ =めでる
  3. をしむ 愛惜

3の「おしむ」が頻出で、愛惜をイメージできるようにしておきましょう。

  1. じす 辞退 断る
  2. じす 辞表 やめる
  3. じす =別れを告げる
  4. 辞典・祝辞 ことば

1・2と3はだいぶイメージが違います。

  1. たとひ
  2. ほしひままにす 放縦
  3. はなつ

これはどちらかというと、解釈に直結するので、重要です。1と2ですが、3もみかけます。

  1. かぞふ
  2. しばしば
  3. せむ =責める=罪を数え上げて責めるということ。
  4. かず・すう
  5. すう =運命 命数・数奇 

1や4はともかくとして、2と3が危ないのでチェック。

  1. ぜ 是非
  2. これ・この
  3. ここ

1の是非の「ぜ」を忘れがちなので注意。

  1. とく (せつ)説得
  2. とく (ぜい)説きすすめる 遊説
  3. よろこぶ

とにかく3ですね。よく見ます。

  1. しゅっす 死ぬ・亡くなる 卒去
  2. をふ・をはる 卒業
  3. つひに
  4. にはかに 卒然・卒倒・卒暴
  5. そつ 兵士・兵卒

とてもよくテストで見る漢字。1の死ぬ、2の終わる、3の「ついに」、4の「突然」、5の兵士、すべてが問われる可能性のある、出やすい漢字。

  1. のこす・のこる 遺言
  2. おくる 贈る
  3. すつ =すてる 遺棄
  4. わする =忘れる・なくす・失う 遺失・遺却

これも1から4までどれも出るような気がします。

  1. もとより
  2. ゆゑ・ゆゑに
  3. ことさらに
  4. ふるし

4は、故人が友人になるというやつです。温故知新、ふるきをたずねてあたらしきをしる、です。1と3もよく出ていると思います。

  1. わかし
  2. まれなり
  3. すくなし
  4. しばらく

1が頻出。反対語は「長」ですね。2と4も覚えましょう。

  1. あやまち 名詞 過失
  2. あやまつ 動詞
  3. すぐ =通り過ぎる 通過
  4. すごす =度を越える 過度・過剰
  5. よぎる =立ち寄る

4の時に問われることが多いですが、1・2もよく見ます。5も覚えておきましょう。通り過ぎるのと立ち寄るのは違う印象がありますから。

  1. やむ
  2. すでに
  3. はななだ
  4. のみ

1と2が基本です。3と4もとはいえ、よく出ているように感じます。

  1. もとより
  2. まことに
  3. かたし

基本的には1の「もとより」ですね。

  1. さからふ
  2. むかふ

まずは2の「むかふ」を覚えましょう。

  1. くらふ
  2. しょく 名詞
  3. やしなふ

3ですね。養うと書けば、部首が消えただけです。

  1. あへて
  2. がへんず
  3. うべなふ

2と3は読みは違いますが、意味は「肯定する」です。

  1. つかふ 従事
  2. こととす 処理する・実行する・専念する
  3. こと

1ですね。お仕えする、ということです。

  1. おく・やどる =とどまる・やどる
  2. すつ =すてる
  3. しゃ =やど

2番目は、捨てるで、部首が消えています。1のイメージは宿泊です。宿ですから。

  1. ただす =質問
  2. たち =性質
  3. しち =人質

熟語が出れば問題ないですね。

  1. あたる・あつ 命中・的中
  2. なか 中央・中心
  3. なか 中間 間・内側
  4. なか 途中=時間的な幅
  5. なか 中止・中座

1がよくでますね。同じような中でもさまざまな「中」があり、意味が微妙に異なります。

  1. ただ・ただに
  2. ただちに
  3. なほし 形容詞
  4. あたひ 名詞

まずは1を覚え、2をそれの派生形として頭にいれます。

「直し」で「まっすぐである」という形容詞。

「あたひ」となるのは、「値」で部首がないパターンですね。

  1. まさに
  2. ゆく 動詞
  3. かなふ・てきす =ふさわしい。適当である。
  4. たまたま
  5. とつぐ =嫁ぐ

1と4がよく出ますが、2・3の動詞も覚えておく必要があります。

  1. こひねがふ
  2. のぞむ
  3. まれなり 希少・希有(稀有)
  4. き =かすか 希薄

1・2が希望とか希求とかですが、3と4も意味としてはありますよね。

  1. そなふ・そなはる・ぐす
  2. つぶさに
  3. ともに

2と3がよく出ます。3は「倶に」の部首なしですね。

  1. ひそかに
  2. わたくしす =自分のものにする

1が基本ですが、2で読むパターンも確かに見ます。

  1. こたふ 対談
  2. むかふ・たいす 対面・対応
  3. たいして
  4. たい(つい) そろい 対偶・対句
  5. たい あいて 敵対

1がもっともよく出ます。4とか5も頭に入るといいですね。

  1. にがし
  2. くるしむ
  3. はなはだ

3がポイントですね。

  1. いよいよ =ますます
  2. まさる

1が頻出です。その動詞形が2です。

  1. やむ 疾病
  2. にくむ
  3. はやし・とし

1は、漢字のイメージから想像ができます。3は古文でいうなら、「とし」。現代語なら「はやし」ですね。

  1. のぶ 陳述
  2. つらぬ =つらねる 陳列

両方の可能性がある漢字ですね。熟語をイメージしておきましょう。

  1. あそぶ 回遊・遊説・遊歩道・遊客
  2. あそぶ 

2のように、音楽や女性などをふくめて「あそぶ」ことと、1のように、歩き回る、旅をする、説得して回る、というような意味があることにも注意しましょう。

  1. いふ 報道
  2. みち
  3. みちびく 導く

1は有名ですね。3は部首がついたらわかります。

  1. やむ =終わる・やめる 終息
  2. いこふ 休息

  1. すなはち =すぐに 即効
  2. もし
  3. つく 即位

1が頻出ですが、2も覚えておきましょう。

  1. すすぐ =雪辱
  2. ゆき

  1. きた
  2. にぐ =にげる 敗北

  1. 統一 まとまり
  2. 1 数字の1
  3. 一日 ある日
  4. 一過 
  5. 同一 同じ
  6. 一名 もうひとつの
  7. 一様 みんな

意外とセンター系のもので見る出題ですね。

  1. 神様
  2. 精神
  3. 不思議な力 神奇・神通力

 

一般的な漢字が問われた時は、一字を熟語そのものとして考える。

センターの問一で多く出る可能性がある、「この漢字と同じ意味で使われている熟語を選べ」というような問題は、基本的に、熟語そのものを、その一字と比べるとよいでしょう。もちろん、熟語そのものがその一字を表しているとは限らず、「読書」のように「書を読む」だとすれば、下が「書」であるか、ほかの単語であるかはなんでもよく、重要なのは「読む」だけになりますが、これでさえ、熟語としてみるからこそ、「読む」という行為に気付けるわけですね。

したがって、こういう場合には、熟語そのものといれかえてみるのがいいわけです。

一方、普通の読解問題や訳の問題で、こうした漢字に出会ってしまったら、この字を含む熟語を探すことが大事です。

最後の「道」ではありませんが、「報道」という熟語をみたときに、「どうして道なのか」と疑問に思う心が重要なんですが、かりになんとか「報道」に気が付いたら、「報道」を動詞化するような読みをあてていく、というのが、漢文の読み方のコツです。

そもそもが訓読みそのものがすべて当て字、適当な読みなわけですから。

では、次回は、読みを揃えて、違う漢字を列挙する形でまとめます。

 

www.kokugo-manebi.tokyo